プロヴァンスからボンジュール

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レストラン入り口 

見事に育った糸杉の並木道、まるでお城の入り口のような門構え。
時々、友人たちと訪れるレストラン。

レストラン 

リーズナブルなランチもお肉の焼き加減や魚介類の火の入れ方で断然に違う美味しさ。微妙な火加減が成功した一皿は”人を黙らせる”新鮮であることはもちろんのこと。

ケーキ     レストラン

白い花とマティス     DSC_5548.jpg
















スポンサーサイト

サクランボ(giotto)の収穫とジャム

黒サクランボ

南仏名物のオリーブと間違えそうなほど、黒々と完熟したグリオット(griotto)は小粒で甘みが控えめのサクランボです。日本で言うとブラックチェリーでしょうか。
お庭のない我が家ですが、有り難いことにご近所のN・M邸から声をかけてもらって、収穫のお手伝いに。たわわに実った季節の果物を収穫しながらおしゃべりとつまみ食いで子供たちも大満足。

サクランボの枝   マティスとサクランボ

ジャム   ジャムに込み

たっぷりとサクランボの収穫があったので、ジャムつくりに挑戦。サクランボ用種抜きを使わずに、ナイフで一つづつ種をとり、700gのサクランボでひと瓶ほどのジャムができました。
小粒の実の700g分が終る頃には手首がぴくぴくと吊るほど、集中し過ぎでしたね。実は黒く見えても果肉は赤紫の輝き、指先もしっかり赤紫に染まっていました。

サクランボジャム アップ   サクランボタルト

サクランボのスイーツで知られるクラフティ(clafoutis)は牛乳、卵、砂糖、バニラのプリンのような材料を型にサクランボを並べてから流し込んでオーブンで焼いたものです。早速、プロヴァンスのおばちゃんから教わったレシピで作ってみました。甘みたっぷりにグリオットのサクランボの酸味が程よくて、いい感じ。美味しかったです。
今回は市販のパイシート(サブレ)を使ってタルト風クラフティに変身させてみました。
ジャムはヨーグルトやフロマージュブランにかけて、サクランボのビタミンA,Bとミネラル効果を信じながら頂く。

ジャム





ゴルド村(Gordes)

ゴルド

友人たちと昼食をリュベロンのオーベルジュで過ごしてから、南仏プロヴァンスの観光地になっているゴルド村へ。フランスで最も美しい村(国内たくさんあるけれど)村に入る前の高台で車を止めて、村とリュベロンの台地を見渡せる絶景。

ゴルドの大地

”天空の城の影”のようねって、子供たちの想像力は広がります。

ゴルドとマティス











ル・コルビュジェ マルセイユ

ル 建物屋上

モダニズム建築で知られる ル・コルビュジェの作品の一つ、マルセイユに1952年に竣工されたユニテ・ダビタシオン(集合住宅)
鉄筋コンクリートの迫力のある支柱が18階の建物の全体を支え、各部屋は南仏だけあって太陽の光が居間に入るように壁一面がガラス張りになっていました。1952年に竣工された当時は、周りからもかなりの反発があったようですが、簡素と人々のくらしの調和を計ったコルビュジェの集合住宅。60年経った建物に関しての住み心地を伺ってみると現在の住民からは満足の声が聞こえてきました。また、建物内のエレベーターや廊下、エントランス公共スペースは広々としています。

マルセイユ

屋上にはサイクリングスペースや図書館、子供の水遊び場あります、慣れ住んでしまえば気にならない高さなのかな?どこまでも開放感があって、きっと住民たちは規則正しいマナーを身につけているんでしょうね。

ステンド

DSC_4833.jpg

日本でも唯一のル・コルビュジェの設計された国立西洋美術館(本館)が知られています。

















5月の庭先

ビバーナヌ

友人宅のプロヴァンスのお庭、立派なビバーナムの花が重たそうに垂れ下がってきました。
この黄緑の優しい色合いが好き。まだ白くなる前にお裾分けしてもらい、切り花としてお部屋に飾って楽しみます。
ミントとリル

ミントって、庭に植えると年々どんどんと増えて、大変なことになりますね。お土産にたくさんもらって、蜂蜜をたっぷり入れたミントティー(緑茶とミント)やレーズンやミントをサラダに加えたり、ミントをたっぷり使ったモヒートも我が家ではよく飲みます。

モヒート

Aix-en-provenceのカフェのモジト(モヒート)カクテルはラムをベースにソーダ、ライム、サトウ、ミントで作るのが一般的。






プロフィール

francebeauxjours

Author:francebeauxjours
南フランス在住。好きなこと、花を飾ったり、ハーブを使ってお料理、植物の香りと古道具がすき。エクスオリーブ協会会員、愛用のカメラNikonD300 2児のママン

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

最新コメント

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。