FC2ブログ

プロヴァンスからボンジュール

Category : アンティーク Antique

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

趣味のアンティーク

1gatu

プロヴァンスの土から作られるアンデューズの器。
偶然に骨董屋のショーケースに収まっていたところ、見つけ出しました!
ブルジョアの顧客にレセプション用につくられた非売品だったとか。
季節の花、ミニのシクラメンを入れて、しばし楽しむ。

utsuwa

去年、PARISのヴァンブ蚤の市で見つけたお花が描かれた器。
かなり腕の良いアーティストの作品でサインが入っている。

utsuwa

ミニミニ胡蝶蘭を入れてた、アールヌーボーのアイアン製の鉢カバー。花や子供たち、昆虫までも繊細に施されている。壊れた箇所が丁寧に修復されている状態をみると、この器の使っていた人の心が伝わる。

utsuwa

鉢物を入れたり、大きめのフラワーアレンジにも素敵な、アイアン製のメディシス(Medicis)の器。
シンメトリーに配置するフランスの庭園にみられるオブジュ。









スポンサーサイト

アンティーク 銀のカトラリー

             デザートスプーン

         銀のカトラリーの魅力ってなんといっても装飾のすばらしさ。

       銀器を集めるならまずは手頃なカトラリーからはじめるといいですね。

        私がアンティーク市で見つけて、日々使っている銀のスプーンたち。

     こちらのデザート用スプーンは表向きは平型でフランスでもポピュラーなデザイン

     ですが裏面はカリグラフィーでイニシャルが刻まれ、リボンとローズブーケの

         装飾がこじんまりとされ、ステムの細いラインが良い質感。

           テーブルにセットするときは裏面をむけておかれます。

          ティファニーのベビースプーン

      ブロカント(骨董屋)で見つけたティファニーのベビースプーン

     磨かれてないまま、値段がつけられガラスケースに並べられていました。

   このベビースプーンが目に留まったときはコレ買い!と心で叫び、店の主人を呼びつけ

    て手に取る事、裏を確認するとティファニー、スターリングシルバー(純銀)

   年代の刻印ともう一つイニシャルの刻印、これはデートレターといって銀製の製作さ

せた年号を表すマークで普通はアルファベット1字。ホールマークブックで調べられるから

        それも楽しみ。そしてスプーンの形といい、装飾には

  帽子をかぶった女の子が花を手に持って、自然の中の風景と共に刻まれていました。

   きっと女の子が誕生されたお祝いで贈られたものか、裕福な家庭の赤ちゃんのもの

  には間違いないでしょうね。私の手元に入ってまた大切に使ってゆきたいと思います。


          モカ用スプーン


   1900年頃のアールヌーボらしい曲線的なシェルの模様がうすくて写真では

      見えにくいけどほどこされているモカ用の小さなスプーン純銀製

   長さは11cm ,エスプレッソ用かなと思ったら、義母が確信してるかのように

      モカのとき使った上品なスプーンですよって教えてくれました。

          スプーンを並べて

























懐かしい絵本

カロリーヌ 2冊 表紙

今から30年以上前に日本語版で(もちろん)読んでいたカロリーヌシリーズを偶然に

南仏の蚤の市で見つけました。

あまりにも懐かしくて1ページづつめくる度によみがえってくる感動。

カロリーヌと動物たちのしぐさや世界をテーマにしている絵本は

動物たちとの共存や知らない国の美味しそうなお菓子が子供のこころをワクワクさせてくれた。

カロリーヌ中身
カロリーヌ ケーキ  黄色ベルギー

カロリーヌ 黄色  黄色内容




アンティーク カフェボウル

アンティーク カフェボウル
大好きなアンティークのカフェボウルを集めはじめ、もう何年になるんだろう。

絵柄で集めたり、ポイントもチーフだったり、モロッコ統治時代に流行したエスニックパタ

ーンやオリエンタルレース・・・・

ぽってりとした愛らしい形や色合いは眺めているだけでも癒される。

私の義理の母はもちろんフランス人のマダム、もう年は75歳位。

私のコレクション カフェボウルを見ながら話しがはずむ。

刻印を確認してからカフェボウルを片手でもってノックするようにたたく、まだまだ

使えるとか、これは置物だけの価値とか色んな事を付け加えてくれるからおもしろい。

アンティークのカフェオレボウルを使う時は木のスプーンが鉄則だとか。

このトルコブルーのローズ&パピヨンは彫刻されたところに鮮やかに描かれた

レアなもの。年代は不詳だけどディゴワン&サングレミンヌ製
DSCN7183.jpg




プロフィール

francebeauxjours

Author:francebeauxjours
南フランス在住。好きなこと、花を飾ったり、ハーブを使ってお料理、植物の香りと古道具がすき。エクスオリーブ協会会員、愛用のカメラNikonD300 2児のママン

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

最新コメント

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。