プロヴァンスからボンジュール

Date : 2010年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気を取り戻して。

カボチャ

フランスの万聖祭は11月1日が祝日で、この日を挟んで2週間のヴァカンスがありました。
この間に子供たちが中心になる行事や出かけることもあったのですが、ブログを更新しようと記事を載せ、写真を貼付けたりしながら、家のこともやったりと集中していなかったせいか、何かの一つのクイックで消えてしまった(涙)

主人が作ったジャック・オ・ランタンは、カボチャに目鼻口をくり抜いて、中にキャンドルを灯してたハロウィンの飾りもの。カボチャの中身はスープにして、子供たちに無駄にしないことも教えていました。

かぼちゃ かばちゃ

子供たちの大好きなお祭りの一つにハローウィンがあります。仮装もできるし、ボンボン(飴)がたくさんバケツに入って大満足。

かぼちゃ かぼちゃ

友人の住むリアンス村で行われたフェット・ドゥ・ラ・コルジュ(カボチャ祭り)正しく言うとコルジュ(courge)
は瓜の種類をいうので、このお祭りには面白い形のひょうたんも売ってました.

かぼちゃ かぼちゃ

お祭りにはカボチャの生産者が作る昔ながらのカボチャ菓子や瓶詰め、かぼちゃづくしが楽しめます。

かぼちゃ かぼちゃ

小さなリアンス村は、家の前にお店を構えている人や自宅の車庫を開けて、積んであるかぼちゃを計りうるおじさん、田舎ならではの企画です。

かぼちゃ かぼちゃ

村の会館にはかぼちゃの大きさを比べるコンクールがありました。カボチャを撮るか息子を撮るか。迷ったあげくの1枚。昔に使われていた荷馬車もオブジェとして、南仏らしくパスティス51が無造作に置かれているところがユーモアがあります。



























スポンサーサイト

プロフィール

francebeauxjours

Author:francebeauxjours
南フランス在住。好きなこと、花を飾ったり、ハーブを使ってお料理、植物の香りと古道具がすき。エクスオリーブ協会会員、愛用のカメラNikonD300 2児のママン

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

最新コメント

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。