FC2ブログ

プロヴァンスからボンジュール

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南仏 カシとカランク CASSIS et CALANQUE

ヨット
南仏の小さな港があるカシCASSISと書いてカシと読む。毎年、日本から遊びに来る母のお気に入りの街。

港

こじんまりとした港には地中海を目の前にカフェやレストランが立ち並んでいる。観光シーズンであれば週末以外がおすすめ。

まちくん

7月のプロヴァンスの暑さは街を歩き回るより、クルーズでカランクの入り江を回りながら,水しぶきを浴びるのも楽しい。

キャプテン 

特等席に乗せてもらって、船のキャプテン気分。

海

カランクの入り江は10カ所以上ありマルセイユまでギザギザと続いている。
浅瀬の海の色、エメラルドグリーンと紺碧の美しさに吸い込まれそう。船を止めて海を覗くと魚がいっぱい。

アペロ

観光地だからこそしっかりと文明の利器を使って食事どころを吟味し、予約もいれておく。美味しくないレストランでもこの時期は満員なので。
カシのレストラン”ロマネ”ROMANEはローケーションも良く、ランチは29ユーロ、子供メニューも13ユーロ。
1品1品がちゃんと手がかかった料理が頂けるとおもう。前菜・メイン・デザート(魚のスープ・子羊のロースト・レモンパイ)

ポアソンスープ

ブイヤベースは南仏の高級なスープに比べてスープ・ド・ポワソンは魚の粗で取って、すりつぶしてつくるので
ドロドロとしたエコノミーな漁師スープといえる。地中海の岩礁にいるメバル、オコゼやサカゴ等が材料となる。
アツアツのスープにカリカリのバケットにニンニクを擦り付け、アイオリソースをぬって、グリエールチーズをかけてスープにつけてお好みの柔らかさで口に運ぶ。去年はロマネのならびにある有名レストラン”ニノ”NINOでランチをして、スープドポアソンの味が薄くてとても残念な味。日本の雑誌クレアに美味しそうに載っていて・・・。
しかし、ロマネ(ROMANE)は全てがおいしかった!!!また行きたい南仏のレストラン。

水

ミネラルを頼んだら、浄化水のCRYO(クライオ)がでてきた。2007年、エクサンプロヴァンスに設立された地球にやさしいエコの会社。

ワイン

冷えた白ワインシャトー・バーバノは23ユーロとお手頃なレストラン価格。
とても良かったので帰りにシャトーに行って直接買い付けにいきました。1本12ユーロ。
産地のワインを知るにはまずはレストランで料理と合わせてみると分かりやすいですね。

葡萄

シャトー・バ-バノの葡萄畑

カフェ2   カフェ

夕方は、少し日差しが落ち着くのでカシの町中を散歩しながら、発見がいっぱい。オリジナリティ溢れるお店がたくさんあるからあきません。
また、夜のアペリティフの時間になってしまった〜。地元の酒屋でアニスのリキュール、パスティスを一杯。

店

























スポンサーサイト

Home

プロフィール

francebeauxjours

Author:francebeauxjours
南フランス在住。好きなこと、花を飾ったり、ハーブを使ってお料理、植物の香りと古道具がすき。エクスオリーブ協会会員、愛用のカメラNikonD300 2児のママン

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

最新コメント

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。