FC2ブログ

プロヴァンスからボンジュール

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月25日まで

noel noel

12月1日からクリスマスの25日まで毎朝の”おめざ”になる日めくりカレンダーは子供たちの大好きなチョコレートが可愛らしい星形や雪だるまの形になって入っていて、フランスの子供たちはこうしてパパノエルを指折り数えて待っているのです

noel

12月のはじめはレモンやオレンジにクローブ(丁字)を刺して香りを楽しむポマンダーを作ります。
ポマンダーはフランス語のpomme d'ambre(竜涎香)=アンバーグリスア(丸い瑠璃色の玉を意味)
この香りの玉の由来は中世ではたびたびヨーロッパに流行した悪疫やペストを防ぐお守りとして人々は身につけていたそうです。 
我が家では娘とおしゃべりをしながらレモンに爪楊枝で穴を開けると娘が一つ一つクローブを刺してくれます。

noel noel

ノエルの晩餐は少しリッチな料理をたべたいものです。
フォアグラやトリュフを使ったpoulardeプラード(若い雌鶏)のfarcieファルシー(詰め物)がメインディシュ
AOCのお墨付きトリュフを18gを時価28ユーロで買い。
お店の入り口には穫りたてのトリュフ販売中の札がかかっていました。
お店に入った時、娘はすかさず、オリーブ工場の香りがするねって言うのです。
確かに先月いったオリーブ搾油所の香りがふんわりと、トリュフのこってりとした不思議な香り。

さて、トリュフの使い方ですが、フレッシュなので柔らかいブラシで細かい土を取り、次に水でまた軽くブラシをかけて洗います。
落ちた水の中には微量の赤土がでました。
そして1時間ほど乾かして、器にトリュフを入れてオリーブオイルを注ぎます。
密封して使用日まで冷蔵庫に保管します。漬けたオリーブオイルはジャガイモのサラダやオムレツにかけて食べると
美味です。
ちなみにトリュフ料理で簡単なのはオリーブオイルに薄くスライスしたトリュフを混ぜて塩をふり、フェットチーネあたりの手打ちパスタと絡めて頂く。        
     
noel

noel                      

noel

 ノエルのメニュー2009

前菜     coquilles saint-jacques aux poireaux
       ホタテ貝とポロネギのノルマンディー風

メイン   poularde farcie de celerie truffee  
     若鶏のフォアグラとトリュフの詰め物 根セロリのピューレ 

デザート  gateau chocola classique
        チョコレートケーキ 

子供たちもまだ小さいので時間の関係上、美味しく簡単に!!!をモットーに3品+自家製チョコレート菓子

noel noel

前菜のホタテ貝は鮮度の良い物を選び、ホタテを3枚にスライスし、レモン汁に漬けます。
次にポワローを小口切りにしバターで炒めたを耐熱皿に引き、ホタテをのせナツメグをかけ
生クリームと白ワインを混ぜたソースをかけてオーブンへ15分間あつあつを頂きます。

メインは若鶏のあばら骨を抜き、豚肉のミンチ,鶏の肝、フォアグラ、栗、トリュフ、パン等々を炒めミキサーにかけ、鶏のなかに詰めてからお腹を糸でしっかりと閉める。
次にオーブンに入れて3時間の間、15分置きに出た油を鶏全体にかけていくと、鶏はふっくらとした黄金色になります。
骨を抜いてあるので取れ分けがきれいで食べやすいです。
焼きぐりも添え、根セロリのプューレは根セロリを8等分して圧力鍋で柔らかくして、バターとクリームを混ぜてピューレにして細かくしたトリュフを混ぜる、鶏のこってりさにこの根セロリのピューレは絶品でした。
チョコレートケーキは粉を少ししか使わず、メレンゲを立ててブラックチョコレートと混ぜ込み、焼き上がったら冷ましてから冷蔵庫で1日寝かせて、しっとりと濃厚に仕上がり、リキュールでマリネした苺を添えて。
振り返ると普段の応用料理になってましたね。あまりの忙しさに写真もまともに撮れずだったけど、主人もご招待した義母も子供たちも喜んでくれました。

noel noel 

オーブンで鶏を焼いてる時に、クルミを割り、フライパンで軽くあぶり、ブラックチョコレートにバターと生クリームを混ぜ、香りづけにオレンジリキュールを入れる。
クルミをコーティングした生チョコは食後のエスプレッソと一緒に。
おおざっぱな性格がでている大小様々なチョコレート

noel

私は食後酒にお友達から頂いたイタリアのグラッパ
               
IMG_3983.jpg
 
子供たちは早めにベットに入りパパノエルが持ってくるプレゼントを想像しながら眠りにつきます
               
noel
     
子供たちがぐっすり寝たのを確認して、ガレージや車のトランクに隠したプレゼントをクリスマスツリーの足下にそっと置きます。明日の朝、子供たちはどんな顔をしてクリスマスツリーの前に来るんでしょう。

今年もあっという間に過ぎたようですが、ふと思い返すと沢山の出会いと発見、家族が無事故で健康でいられた事
そして夫婦仲良く子供たちを見守れたこと、沢山の友人たちとまた深く親睦を深めた2009年でした。





















 
















スポンサーサイト

Comment

2010.02.10 Wed 21:30  ありがとうございます。

さすがに分かってもらえてうれしいです。
息子専用のテーブルを用意してこのディナーにのぞみましたよ。
さまないとテーブルクロスを引っ張ったり、キャンドルを倒したり
する恐れがありますからね。今の状況はやりたいことがあるなら
”細心の注意を計れるならやれ”と自分に言い聞かせています(笑)

2010.02.10 Wed 21:12  コメントありがとうございます。

レシピもフランス人から
教えてもらってつくるので本格的に見えますよね。
でも教えてもらっている人たちも、子育てや仕事で忙しいから
ゴージャスな食材での簡単レシピなんですよ~。
久々にお茶をしながら語らいましょうね。

2010.01.06 Wed 20:20  おいしそ~!

写真を撮るのが大変だったのでは?
こんなご馳走を目の前にして、子供たちが待っているのは容易ではないかと。

ところで、フランスに来てから変わったもの: クリスマス&お正月と春の訪れ。
お正月と春はイメージダウンですが(特にある日突然始まる春は感性が許せない!、笑)、
クリスマスは、言葉では言い尽くせない何かがありますね。

とはいえ、胃袋と身体のラインには優しくない…。
お正月のお雑煮を皮切りに、和食にリターンです。
  • #-
  • ヨーコ
  • URL
  • Edit

2009.12.29 Tue 11:06  素敵なお食事ですね~!

久しぶりにブログ拝見しました。

ノエルのお料理が写真とレシピ入りで見ごたえあります。

鳥の詰め物も自分で作ったなんて本格的。

子ども達は、パパノエルから沢山プレゼントをもらったのかな?



  • #-
  • atelier-cyprès
  • URL
  • Edit







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://francebeauxjours.blog54.fc2.com/tb.php/26-becab043

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

プロフィール

francebeauxjours

Author:francebeauxjours
南フランス在住。好きなこと、花を飾ったり、ハーブを使ってお料理、植物の香りと古道具がすき。エクスオリーブ協会会員、愛用のカメラNikonD300 2児のママン

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

最新コメント

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。