プロヴァンスからボンジュール

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オレンジの花水 la fleur d'oranger

orange

 簡単でお鍋一つでできるデザートのレシピは子育ての忙しいさなかでもやってみようという気にさせてくれます。
毎日の暮らしのなかでほっと一息つく時に手作りのデザートを食べる楽しみは味わうだけではなく、味付けの評価やバリエーションも想像しながらの私のストレス解消時間(数分だけどあるだけでもラッキー)

オレンジの花

私の住んでいる南仏は3月~5月はオレンジの白い花がほのかな香りを放ちます。
この香りはフランスでとても好まれ、アロマテラピーのエッセンシャルオイルではオレンジの花の精油はネロリという名で香水や化粧品にも使われます。オレンジの花水(オレンジフラワーウォター)はおもに食材に使われます。

the

とっても美味しいプルーンの紅茶シロップ・オレンジの花風味はバニラのアイスクリームに添えたり、バケットにのせて食べたり。

プルーンの紅茶シロップ・オレンジの花風味

材料 ドライプルーン 500g 

   紅茶 ティパック3ヶ(水1リットル)

   バニラ砂糖 100g 好みの甘さ

   オレンジの花水 大さじ3杯

作り方

1、お鍋に紅茶を作り、バニラ砂糖入れて好みの甘みにする。

2、つづいて、オレンジの花水を大さじ3杯いれる。

3、煮立つ前の紅茶にドライプルーンを入れてる。

4、30分~40分間中火で煮込み、紅茶にとろみがでたら出来上がり。

ポイントは煮詰める為、鍋のフタはしない事。
バニラエッセンスは加熱すると香りが飛ぶのでバニラ砂糖がおすすめ。
ドライプルーンは種無しの方が食べやすいけれど、酸味が好きな人は種有りがおすすめ。

the

写真のように煮詰まったら出来上がりです。

白い鍋だと煮詰まり具合が分かりやすく食材の色の変化も良くわかります。

IMG_5144.jpg

近所のカルフールで買ったオレンジの花水(Fleur d'oranger)はデザート作りに。
本当はステキな瓶に入ったのが欲しかったけど主人いわく中身は同じだからと説得されて。












   
















スポンサーサイト

Comment

2010.03.24 Wed 12:45  Re: コメントをありがとうございました。

>ka-boさん はじめまして。
柿のジャムやベリー系のジャムはフランスではフロマージュに添えて食べたり、
フォアグラにも良さそうですね。南仏も春には野いちごが穫れるのでジャム作り
も楽しそうです。
また寄り道して下さいね。大歓迎です。

2010.03.24 Wed 07:11  No title

はじめまして、吉谷さんのブログで拝見して寄り道してます。
オレンジの花水ですか、香り付けにいいんでしょうねえ。
私の住んでる片田舎では見たこともありませんが・・・^^
お菓子を作る方って尊敬します。
ジャムくらいは作るんですけどね(柿ジャムとか、ベリージャムくらい)^^

また。時々フランスの風を感じに寄らせていただきます。







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://francebeauxjours.blog54.fc2.com/tb.php/34-f5c7b6fd

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

プロフィール

francebeauxjours

Author:francebeauxjours
南フランス在住。好きなこと、花を飾ったり、ハーブを使ってお料理、植物の香りと古道具がすき。エクスオリーブ協会会員、愛用のカメラNikonD300 2児のママン

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

最新コメント

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。